【高スワップ】トライオートFXでのトルコリラ運用の魅力

FX

高金利通貨としておなじみの「トルコリラ」。

各FX会社が高スワップでしのぎを削っていますが、頭一つ抜けたFX会社が登場しました。

インヴァスト証券 トライオートFXです。

悩める投資家
トライオートFX、それって自動売買でしょ?あんまりスワップ関係ないよなぁ・・・

確かにトライオートFXは自動売買で名を馳せています。

自動売買は文字通り「自動で取引を繰り返す」ため、スワップポイントは利益に大きく影響しません。

ですが(あまり知られていないのですが)、トライオートFXは「マニュアル取引」(裁量取引)も可能です。

つまり、スワップポイントを意識した長期投資も可能なのです。

てなわけで本記事では、トライオートFXでトルコリラを運用する方法をお伝えします。

この記事でわかること
  • トルコリラの運用方法
  • トライオートFXの使い方
  • トライオートFXの激熱キャンペーン
投資家サトル
サトルもこれから運用を開始します。始め方等詳しく説明しますね。
~スポンサーリンク~

各FX会社のスワップポイントを比較

まずは各FX会社のトルコリラのスワップポイントを比較してみましょう。

【2019年11月8日時点】

会社 買い 売り スプレッド(銭)
みんなのFX 50 -50 1.7
LIGHT FX 50 -50 1.7
GMOクリック証券FXネオ 40 -55 1.9
セントラル短資FX 25 -45 1.7
 ヒロセ通商 51 -81 1.9
SBIFXトレード 50 -55 4.8
マネーパートナーズFX 48 -53 1.9
FXプライムbyGMO 50 -80 4.8
トライオートFX 75 -108 5.5
外為オンライン(くりっく365) 58 -58 3.9
GMOクリック(くりっく365) 58 -58 3.9
岡三オンライン(くりっく365) 58 -58 3.9

見ての通り、トライオートFXがズバ抜けています。

スプレッドがやや高いですが、スワップポイントで十分にカバーできます。

投資家サトル
2019年10月辺りからトルコリラに本気出してきた模様ですね。完全に一強です。
スプレッドとは?
 スプレッドとは、買値と売値のことです。

各業者は、Bid(売り)・Ask(買い)のレートを同時に出しています。

Bid:売るときのレート

Ask:買うときのレート

このレートは同じではなく、必ず「Bid<Ask」です。

例えば、「Bid:91.125円」「Ask:91.155円」の場合、買ってすぐ売ると0.03円(3銭)分の損です。

1万通貨だと300円の損失。

このBidAskの差をスプレッドといいます。

実際にはこんな感じです。

スプレッド 1万通貨 10万通貨 100万通貨
トライオートFX 5.5銭 ¥550 ¥5,500 ¥55,000

スワップポイント75円なら、1週間程度の保有で取り戻せますね。

 

トライオートFXでのトルコリラの運用方法3つ

続いて、トルコリラの運用方法を考えてみましょう。

トルコはヨーロッパに位置する国。この国の通貨「リラ」は超がつくほど問題児なんです・・・

見ての通り、長期にわたって見事なほどの右肩下がりです。幾多の投資家が苦しみました。

この問題児「トルコリラ」の具体的な運用方法について、3つ整理してみます。

自動売買で為替差益をゲット

トライオートFXの特徴的な機能「自動売買」ですね。

結論から言うとトルコリラの自動売買はオススメしません

なぜなら、自動売買はレンジで動くことで利益を挙げるから。

下がれば「買い」・上がれば「売り」を繰り返して利益を得るのが自動売買です。長期目線だとトルコリラは一方通行(右肩下がり)の動きなので、あまり自動売買に適していると言えません。

投資家サトル
レンジで動く通貨の代表格は「豪ドル/NZドル」ですかね。トライオートFXの中では一番オススメの通貨ペアです。

長期保有でスワップポイントゲット

前述の通り、トルコリラは持ってるだけで多くのスワップポイントが得られます。

例えば1万通貨で1日75円だと年間約2.7万円のスワップポイント。

金持ちネコ
1万通貨は約19万円なので、レバレッジ1倍でも年利14%になるわけ。

この運用も悪くないのですが、トルコリラは10年間で40円も下げた通貨。

1万通貨なら40万円の損失です…スワップポイントでまかなうのは厳しい(20年ぐらい要する)ですね。

今は「1リラ=19円」なので40円は下がりようが無いのですが、10円は下がっても不思議じゃないと思います。

スワップで取り戻すには5年程かかるので、ちょっと苦しい・・・

そのためスワップポイント狙いの長期保有をするなら、少額で積み立てたり、無理のない範囲でレバレッジをかける等の戦略が必要となります。

投資家サトル
サトル的に長期保有は「メキシコペソ」の方がオススメかなぁ。

スワップポイントのサヤ取りで安全運用

当ブログで頻繁にオススメしている手法「スワップポイントのサヤ取り」です。

スワップポイントのサヤ取りとは?

スワップポイントとは、FXで通貨を保有することで「貰える」又は「払う」お金です。

スワップポイントは各FX会社で異なるので、その差を利用して稼ぐのが「スワップポイントのサヤ取り」です

初めての方はこちらの記事もご覧ください。

例えば以下のとおり「セントラル短資FXで売り・トライオートFXで買い」ポジションを保有すると、1日で30円のスワップポイントが得られます。

会社 買い 売り スプレッド(銭)
セントラル短資FX 25 -45 1.7
トライオートFX 75 -108 5.5

 

金持ちネコ
買い・売りの両建てなので、為替が動いても損しません。ほぼノーリスクで30円が得られるわけ。

他の記事で細かく解説していますが、年利4~7%が得られる手堅い手法です。

少し運用の手間はありますが、大事なお金を減らさず運用できるので、リスクを取りたくない人にオススメ。

投資家サトル
サトルは2人の子持ちです。大きなリスクは取れないため、この手法はポートフォリオの一角として重宝しています。

興味のある方、以下記事を読めばすぐに始めることが可能です。

最新のスワップポイントはこちら。毎週更新の鮮度が高い情報です。

トライオートFXの激熱キャンペーン

上記より、トルコリラのスワップ運用においてはトライオートFX一強だとわかりましたね。

更に朗報です!

トライオートFXは、新規顧客のために熱いキャンペーンを打ち出してます

口座開設で最大50,000円キャッシュバック

トライオート

5万円と聞いて驚愕しましたが、条件がありました( ̄・ω・ ̄)当たり前ですね。ちゃんと把握しておきましょう。

12月31日までに口座開設すると、以下の最大条件を満たせば5万円が戻ってきます

達成条件:自動売買
  • 50万円入金&5,000通貨以上の注文
    5,000円キャッシュバック
  • 100万円入金&5,000通貨以上の注文
    10,000円キャッシュバック
  • 200万円入金&5,000通貨以上の注文
    20,000円キャッシュバック
達成条件:マニュアル注文
  • 50万円入金&50万通貨以上の注文
    5,000円キャッシュバック
  • 50万円入金&200万通貨以上の注文
    10,000円キャッシュバック
  • 50万円入金&600万通貨以上の注文
    30,000円キャッシュバック
投資家サトル
最低50万円が必要だけど、合計1万円バックは簡単に達成できそうですね。

口座開設は無料・5分も程度で開設できます。始めるには良いタイミングですね。

トルコリラ取引キャッシュバック&攻略レポート

12月31日までの期間限定ですが、トルコリラの取引でキャッシュバックを行ってます

1万通貨の往復で100円なので、100万通貨なら10,000円。

もちろん口座開設のキャンペーンと併用可能。始めるには有難いキャンペーンです。

加えて、トルコリラ攻略レポートのプレゼントもあります

私の手法以外にも役立つ情報が載っているかもしれませんね。

トライオートFXの使い方

最後にトライオートFXの使い方を画像付きで説明します。

スマホの場合

【ログイン後、トルコリラのレートをタップします】

 

【買う場合は「買」をタップ】

なお「FIFO・両建」とありますが、初期設定通り「両建て」で大丈夫です。
また、1万通貨の場合は「10K」としてください。

 

【注文確定】

PCの場合

【マニュアル注文をクリック】

 

【ドロップダウンからトルコリラをクリック】

 

【買う場合は「買」をクリック】

なお「FIFO・両建」とありますが、初期設定通り「両建て」で大丈夫です。
また、1万通貨の場合は「10K」としてください。

 

【注文確定】

まとめ

いかがでしたか?

今まではスワップ運用においてトライオートFXは対象外でしたが、今回のトルコリラの件で急浮上です。

サトルも「スワップサヤ取り」でトライオートFXを利用する予定。

2019年11月の現時点では、年利4~7%が見込めるほど優良な投資先ですからね

こうしてFX各社が競ってくれることは、投資家にとって嬉しい限りですね。まだ口座開設していない方は、キャンペーン期間中に開設しておくと良いですよ。

では、また。

~スポンサーリンク~




~スポンサーリンク~